尿管の問題にも効果を発揮するシアリスを通信販売で

医薬品を服用しようとしている人シアリスは、2002年に販売を開始したED治療薬で、現在では世界100ヶ国以上で処方されており、服用者数は10,000,000人を突破しています。
日本でも、2007年に5mg・10mg・20mgの3種類が製造販売承認を取得しており、医療機関で処方されています。
ちなみに、EDは疾患とは認識されていないので、これを改善するための治療薬には健康保険が適用されることはありません。このために、自由診療による提供となるので、費用は全額自己負担となります。
ただし、実はシアリスはアメリカでは前立腺肥大という疾患の治療にも使用されています。
前立腺肥大とは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化したDHTという物質の作用により前立腺が肥大し、尿管が圧迫されることにより排尿に支障をきたすという症状です。
なお、シアリスが、前立腺肥大に対して効果を発揮する仕組みは、前立腺や尿管の筋肉に存在している加水分解酵素のPDE-5を阻害することにより、尿道が弛緩して排尿しやすい環境が形成されるというものです。
このPDE-5を阻害するという作用は、シアリスの場合は24時間~36時間という長時間継続するので、尿の問題もその間解消されることになります。
ただし、根本的に問題を改善するわけではないので、アメリカでも第一選択薬としては利用されていないようです。
このように、他の問題への利用も可能なシアリスは、前述したように世界100ヶ国以上で利用されています。
このために、日本よりも安い値段で提供されているケースもあるので、通信販売を利用することによりお得な値段で購入することが可能です。
特にオススメなのが、あんしん通販薬局など、送料無料で販売している個人輸入代行業者です。
あんしん通販薬局は金額条件を満たせば、薬代だけで薬を買うことが出来ます。